一級整備士の診療所

自動車に関するネタ記事、故障事例、これから一級自動車整備士を目指す人の為の記事を中心に書いています。

【スポンサーリンク】

一級整備士合格への道1 学科試験 勉強方法


どうもこんにちは。今回は仕事をしながら一級整備士を取得した経験を生かしてこれから一級自動車整備士を目指す人に向けて勉強方法をまとめてみました。

 

目次

1、過去問を解く

まず問題に触れてみるのが良いと思います。最初はわからなくてあたりまえです。

とりあえず問題を解いてみて現状の自分自身の力量を知り今後へ生かします。

理解できなかった問題はそのままにせず解説や教科書を使って理解しましょう。

私自身一級の勉強はまず教科書を読むことからはじめたのですがガソリンエンジンの最初の法のサーキットテスタ、オシロスコープのページを読みすぐに挫折した記憶があります笑

過去問を解くことである程度出題の傾向もわかったりするので教科書なんかも読みやすくなります。

 

2、教科書を読む

一級整備士は二級、三級と違って過去問から同じ問題が出題される率が極端に低いです。これは出題範囲がとても広く未だに問題になりそうな項目がたくさんあったり、ある程度合格率を下げる為でもあると予想されます。

なので教科書は絶対一通り読んでなおかつ問題が出そうな箇所は熟読をしたほうが良いと思います。

理想は全ての教科書を読み倒し、暗記しどこにどんな項目のっているかを細部まで把握するの良いですが、現実問題分厚い教科書を何冊も暗記できるのは難しいと思います。仕事をしていたら尚更です。私自身は全部読んでいる時間的余裕はなかったのである程度範囲を絞って読んでいました。(読む範囲はあとで記事にするかも)

3、暗記する 

どんな試験にも言えることですが構造を理解したり計算問題が解けたりしただけでは試験には受かりません。暗記がとても重要になります。

まぁ教科書をすべて暗記できたらそれはそれで良いのでしょうが簡単にできるものではないので要点を絞って暗記をしましょう。(異音の振動周波数、危険物の指定数量などの種類が多く完全に暗記いていないとごちゃごちゃになる)

  スポンサーリンク   

 

4、実際に私がやった勉強方法

1、過去問の問題集を使い単元ごとの問題を1問ずつ解き理解できていない項目を教科書を読み理解をした。単元ごとで問題を解くことにより類似問題が出てきて問題のパターンを把握できたりもするので〇。

2、過去問を通してやってみて点数をつけて自分の実力、理解度をしる、単元ごとに理解したと思っていても通してやってみると完全に理解していないことがわかったりする。

3、問題を一通りやったら教科書を全部ざっと読み、過去問であまりふれられていないページなどを把握する。自分が出題者の立場ならばこの辺も問題としてだしてきそうだぁという目線を持ちそういうところを読み倒す。

4、各所ひたすら暗記。私は暗記が得意ではないので、スマホの単語帳のアプリに覚えられていない項目を入力し暇さえあればずっと眺めていました。

5、まとめ

以上が学科試験の勉強方法をまとめたものになります。学生さん向けというよりは仕事をしながら勉強をする人向けの記事によってしまいましたが参考にしていただければ幸いです。

 

学科試験が合格しましたら次は口述試験です。口述試験の内容もまとめてありますのでもしよろしければご覧ください。

 

www.kuruma1001.com

 

 

 

自動車関係の人へ向けたラインスタンプを作りました。もしよければこちらもどうぞ♪

store.line.me