ホンダ N-BOX JF3 JF4 光軸調整前作業 ディーラーリセット方法 解説

雑学、ネタ

どうもこんにちわ 今回はホンダN-BOXの光軸調整前に行わなければならない作業、ディーラーリセット作業の解説をします。

 

ディーラーリセットとは?
対象車種は?
ディーラーリセット方法とは?

そのお悩み整備士歴10年以上の一級整備士が解説します。
ただし、この作業において私はまだ作業をしたことがなく修理書の情報とホンダディーラーの人に聞いた情報を用いて記事にしています。

ディーラーリセットとは?

ディーラーリセットとはヘッドライト光軸調整の補正をリセットする作業のことを指します。

乗車人数、荷物によって光軸に補正がかかる仕様の車に対して車検などでライト調整を行う場合はこのディーラーリセット作業を行い補正をリセットしてから調整を行う必要があります。

ヘッドライトやライトのコンピューターを交換した際に行う初期学習とは別物となるので注意が必要です。

対象車種は?

新型N-BOX(JF3 JF4)
クラリティ
よってJF3、JF4以前のN-BOXに関してはこの作業は必要ありません。
この情報は2020年4月にホンダディーラーの方より教えていただきました。
今後の新型車は修理書の確認が必要となります。

 

リセット方法

スポンサーリンク

作業を行う前に以下の状態にしてください

平坦な場所で行う。
タイヤの空気圧基準値にする
運転席に1名乗車
空車状態(スペアタイヤはOK)
ヘッドライト初期学習済

 

リセット手順

1、IGをONにする
2、ON後、5秒以内ライティング スイッチ(LOポジション)、またはパッシング スイッチのON/OFFを5回繰返す。

作業はこれだけになります。注意点としては5秒以内に5回全てを繰り返し終わらせなくてならなないということ。

修理書上ではダイハツのように成功したかどうかの通知の記載がありません。

成功の合図に関してホンダディーラーの人に聞きましたが明確な回答は返ってこず明確に分かったら連絡します。とのことでした。

 

まとめ

以上が新型N-BOXもディーラーリセット方法の解説でした。

リセット作業は主に車検時に行う作業だと思いますが知らずに調整を行ってしまうと思わぬトラブルになることも考えられますの参考にしていただければと思います。

 

スポンサーリンク
雑学、ネタ
スポンサーリンク
一級整備士の診療所

コメント