新型プリウスのキー電池交換方法 解説

整備関係

今回は50系プリウスのスマートーキーの電池交換方法を解説していきます。

プリウスに乗っていて・・
・スマートキーの効きが悪い
・走行中鍵のマークのランプが点灯する
・長期間スマートキーの電池を交換していない

 

上記の場合はスマートキーの電池交換が必要になる可能性が高いです。今回キー電池交換方法を整備士歴10年以上の一級整備士が写真を踏まえて解説をします。

準備する工具

精密ドライバーなど、小さめのマイナスドライバー

 

 

交換方法

スポンサーリンク

1、メカニカルキーを抜く

下記の画像を参考に三角マークの部分を→の方向に引きロックを外しメカニカルキー

を外す。

 

2、カバーを外す

下記の画像の赤〇で囲われた部分にメカニカルキーの先端を挿入し捻るとカバーが外れます。

 

 3、電池を取り出して電池を交換する

カバーが外れると電池が見えます。この電池を交換します。

 

電池はツメで固定されているので下記の位置にマイナスドライバーを入れてこの原理の要領で電池を取り外します。

 

 

取り外したら電池を交換し同じ要領で復元すれば電池交換をすれば完了です^^

写真を参考にしてプラスマイナスの位置を間違えないようにしましょう!!

交換時期

目安としては1年に1度は交換しましょう。保管場所や使い方で大きく寿命が変わってくるものなのでいつもより効きが悪い気がするなどの違和感を覚えた場合はそんなに高いものでもないので交換をオススメ致します。

注意点

濡れた手で作業しない(錆びる原因)

電池以外の部品に触らない

電極を曲げない

小さいお子様に触らせない(万が一飲み込んでしまった場合最悪死亡のおそれあり)

まとめ

以上が新型プリウスの電池交換方法でした。車によって交換方法が違いますので参考にしてみてください。電池は下記からも購入することができます。もしよろしければどうぞ^^

スポンサーリンク
整備関係
スポンサーリンク
一級整備士の診療所

コメント