一級整備士の診療所

国家一級整備士が整備士のための有益な情報を発信する場です。故障事例や整備士試験攻略法などもあります。

【スポンサーリンク】

手を汚さずにオイルフィルターを交換する工具を作ってみた。

どうも こんにちは今回はオイルエレメントを交換する時にオイルで手が汚れてしまうイライラを解消すべく工具を作成してみました。

 

作成をするきっかけはKTCさんからフィルタオイルキャッチャーという工具をみて自分でもなにかつくれないだろうか?

 

と考えたのがきっかけです。(今は販売されていますが自分で作ろうとした時は展示会のみでまだ販売されていませんでした。)

KTC(京都機械工具) フィルタオイルキャッチャー AVP-6376

KTC(京都機械工具) フィルタオイルキャッチャー AVP-6376

 

 

 

 

 

 

オリジナルオイルフィルターレンチ

 

実際に作成をしたものがこちらです。

 

f:id:tomen1001:20190619175657j:plain

 

エクステンションにじょうごをくっつけることによりオイルフィルタ交換時にこぼれでるオイルがじょうごの中に入る仕組みです。これによって手が汚れません。

 

 

 

 

実際に使用してみた

 

 実際に使用していみるとこんな感じです。

 

 

 

 

 はてなブログの仕様上?動画を上げられないので私のツイッターで上げたものをのせておきます。

 

 

 

 

作り方紹介

 

材料

 

f:id:tomen1001:20190619175532j:plain

まずはオイルから手を守ってくれるこのじょうごです。

キャップが付いているのと取っ手があったのでこの商品を選びました。

 

 

 

お次はエクステンションバーです。長さは短すぎない方がよいかと思います。

私は曲がってしまったお古のエクステンションバーを使用しました。

 

KTC(ケーテーシー) 9.5mm (3/8インチ) エクステンションバー200mm BE3200
 

 

 

 

作り方

 

f:id:tomen1001:20190619175542j:plain

 

 

まずじょうごのキャップにエクステンションバーがギリギリ入るくらいの穴をあけます

 

 

f:id:tomen1001:20190619175555j:plain

こんな感じです

 

 

f:id:tomen1001:20190619175605j:plain

 

 

穴が開いた部分にエクステンションバーを突っ込みます!!

 

 

f:id:tomen1001:20190619175615j:plain

 

 

穴とエクステンションバーの間にオイルが漏れないように漏れ止め(シールパッキンブラック)を塗ります

 

 

f:id:tomen1001:20190619175635j:plain

 

 

 

 塗るとこんな感じです

 

 

f:id:tomen1001:20190619175645j:plain

シールパッキンブラックが乾けば完成(あら簡単♪)

 

 

 

スポンサーリンク

 

※追記

何度も使用をしているとエクステンションとじょうごの接続部からオイルが漏れ出てくるようになったのでシールパッキンブラックを塗る面を増やしオイル漏れを防止しました。下記画像を参考にお願いいたします。

f:id:tomen1001:20191116104935j:plain

f:id:tomen1001:20191116104943j:plain


 

 

 

 

ちなみに使用後は清掃後フックにかけてしまっておけるので便利です。

 

f:id:tomen1001:20190619175705j:plain

 

まとめ

感想としては割とよくできたほうかなぁと思っています^^

個人的にKTCのフィルタオイルキャッチャーも持っていますが普段使いは自作の方を使っています。

理由はフィルタオイルキャッチャーのレビュー記事の私が思う悪い点を改善してくれるのが自作オイルフィルターレンチだからです。

 

 

 

 

 オイルフィルタ交換時に手が汚れてしまう人の悩みを改善できる選択肢が増えたら幸いです。

 

 

おわり