カーバッテリーの交換方法、注意事項を整備士が解説【プロが行う交換方法解説有】

雑学、ネタ

どうもこんにちわ 今回は自動車のバッテリー交換時の注意事項、また私が行っているバッテリー交換方法を解説していきます。

・自分でバッテリー交換したい
・バッテリー交換時の注意点を知りたい
・プロはどうやってバッテリーを交換しているの?

そんなお悩みを整備士歴10年以上の一級整備士がバッテリー交換について詳しく解説します。

交換時の注意点

交換する際の注意点は以下の通りです。

交換手順

バッテリーを交換する際にまずバッテリを交換する手順が決まっています。

具体的な順番としては・・

1、バッテリーターミナル(プラス、マイナス)以外のカバー、ステイを外す。
→バッテリーを交換する際に邪魔になっているカバーや、バッテリーを固定しているステーを取り外します 

2、バッテリーのマイナスターミナルを外す。
3、バッテリーのプラスターミナルを外す。

取り付ける際は逆手順で、1プラスターミナル2マイナスターミナル3カバーステーの順番となります。

交換作業

工具

乗用車のバッテリーであればターミナルのナットは基本10mmというサイズの工具で緩めたり締め付けることができます。

車種によってはカバー脱着時に8mm、12mm、クリップを取り外す必要があるのでバッテリーと取り外す前に確認をしましょう。

※この時にメガネの長い工具(ロング)をつかってしまうと、交換作業中にプラスターミナルとマイナスターミナルを同時に触ってしまうとショートしてバチバチと火花が飛びとても危険です。

なのでなるべくショートのメガネ、または絶縁されている工具を使って交換作業をするようにしましょう。(下記参照)

もしも絶縁された工具がなかった場合はビニールテープを巻くなどで絶縁状態を作った工具を使用する、もしくはターミナル間が接触しないように気をつけて交換作業にあたりましょう。

場所

火気のある場所、密閉空間での作業は行わないようにしましょう。

装備

バッテリーの箱に明記されている説明としては保護メガネ、ゴム手袋を着用してくださいと記載されています。

個人的な意見としてはちゃんと交換の注意点を理解していればそこまでする必要はないのかな?と思います。

プロが行う現場でも保護メガネ装着を装着している人をみたことがありません笑

その他

バッテリーは重いので交換時は落とさないように注意してください。

また、車によっては無理な体制での交換作業を行うことになりますので体に気を使いつつ作業を行ってください。

バッテリ交換時に腰を痛めたという人をよく聞くので気を付けて!!

プロの現場の作業方法

実際に私(整備士)が行っている作業方法を一例として紹介します。これはおすすめする方法ではないので参考程度にしていただければと思います。

作業方法を結論から言えばエンジンを始動させながらバッテリーを交換します。

これはエンジンを始動しながらバッテリーを交換することでバッテリーを取り外した瞬間もエンジンは始動しているので常に電気が流れている状態となり車内の保持しているデータなどがリセットされないようにするためです

具体的なリセット内容は車種にもよりますが、時計、ラジオ、カスタマイズ、ナビゲーションなどがあげられます。

結果このリセットされた情報を復元する手間をなくすために私(整備士)はエンジンを始動させながらバッテリー交換を行います。(私はディーラー時代にこの方法を教わりました。)

エンジンを始動しながらバッテリーを交換する際の注意点
エンジンが回転していますので、補機ベルトが回っていたり、冷却水の通り道が高温になったりしますので細心の注意を払って作業を行ってください。そして上記で記載した交換時の注意点をよく理解して作業をしてください。あと、車両の電気負荷をなるべく減らしてください。具体的にはライト類をOFF、エアコンの風量OFFなど。電気負荷が多いとバッテリーを外した時にエンジンが停止してしまう可能性があるからです。
追記:長時間エンジンをかけてバッテリーを外した状態が続くとオルタネーターの回路に負荷がかかり故障する可能性があるのでリスクを理解した上で作業時は速やかに行いましょう。

車にあまり詳しくない・・だけどDIYでリセットをせずに作業をしたい・・・

そんな人は・・エンジンを始動しなくてもバックアップができる専用のアイテムもあります。安全にバックアップ作業を行ってバッテリー交換を行いたいという方にはおすすめです。

まとめ

今回はバッテリー交換時の注意事項、私(整備士)が行う交換方法を解説についてまとめてみました。参考にしていただければ幸いです。

ちなみにエンジンを始動しながらの作業はディーラー、整備工場によってはリスク面をとって行っていないお店もあります。こんなやり方があるんだ・・程度に思っていただければと思います。

最後に整備士の私から一言
最近の車はエンジンの調子のデータで管理しており、バックアップを取らずバッテリー交換をしてしまうと一時的にエンジンの調子が悪く感じることがあったりもしますので、不安になった場合は最寄の自動車整備工場に相談してみることをオススメします。

コメント

  1. ケンジヤマサキ より:

    大変興味深く読んでいただきました。

    特にエンジンをかけたままで交換をするには驚きです。

    又、取り付けの際は、私は必ずポストとターミナルのプラスとマイナスはブラシで磨いて

    導電グリスを塗布しています。分解整備記録簿には必ずターミナル部の腐食の点検は

    点検するようになっています。外して見ないと分かりません。

    そうすることにより、通電もよくなり故障が回避されます。

    車検時には必ず外して磨く事です。

    • ヤエさんヤエさん より:

      コメントありがとうございます。導線グリスまでされているとはすばらしいです。私も参考にさせていただきます。情報ありがとうございました。

      • やまさきけんじ より:

        ほとんどの車は充電制御システムになっており、バッテリーの接続部に酸化被膜が多量に付くと電気抵抗が増し、バッテリーセンサーが誤作動を起こし、充電不良になります。車検時には必ずポストを磨く事を推奨します。その他の電気部品の通電がよくなり
        故障が起こりません。これ、本当です。