スパイラルケーブルを分解して不具合個所を確認してみた【整備士向け】

雑学、ネタ

どうもこんにちわ 今回はスパイラルケーブル(ケーブルリール)を分解して不具合箇所を確認してみました。

以前記事でも書きましたがオデッセイのエアバック警告灯点灯の故障原因としてスパイラルケーブル(ケーブルリール)の断線でした。

その記事はこちら

この時いくつかの疑問が浮かびました・・

疑問
・スパイラルケーブルの中身ってどうなっているの?
・内部のどんな箇所が断線を起こしているのだろう?

気になったら確認してみよう!!ということで整備士歴10年以上の1級整備士がスパイラルケーブルケーブルを分解して確認をしてみました。

スパイラルケーブルを分解

スパイラルケーブルを分解します。つめでとまっている黒いカバーを外します。(一部破壊しました笑)

外すとこんな感じでした。配線がケーブルの形状になりぐるぐる巻きついていました。

エアバックの配線が4本、ホーンの配線が1本、計5本の配線がケーブル状になっているのが分かります。

断線箇所を確認


断線箇所は目視で確認できました。ケーブルとケーブルをつなぎ合わせている部分が切れていました。

ちょっといじっていたらつなぎ合わせている部分の他の線も切れました^^;防御力低めです笑

まとめ

今回はスパイラルケーブル(ケーブルリール)を分解して不具合箇所を確認してみました。

私個人の感想としては今までスパイラルケーブルの中身を知らなかったのでとても勉強になりました。また、断線の箇所も確認することができ満足でした。

今回のような需要はあまりないけど整備士(私)が気になるようなネタを発信しています。どこかの私のような疑問を持った整備士さんの参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク
雑学、ネタ
スポンサーリンク
一級整備士の診療所

コメント