一級整備士の診療所

最近あった故障事例やこれから一級自動車整備士を目指す人の為の記事を中心に書いています。

【スポンサーリンク】

【一級整備士筆記試験】過去問から紐解く テスタ確度計算方法


どうもこんにちは 今回は筆記試験のエンジン電子制御の教科書のサーキットテスタの確度の計算問題の解説を記事にしていきたいと思います。

 

 

 

まず実際に出題されたいる過去問です。

 

過去問(31年3月)

 

テスタの直流電圧表示値が4.0000Vのとき、直流電圧計の性能表に記載の確度が5Vレンジで「0.025+5」と表記されたテスタの実際の電圧値は、3.9995V~4.0005Vの範囲になる。

 

問題によって直流電圧表示値、電圧計のレンジ位置、性能表の表記された数字、実際の電圧値などの数字が毎年変わるだけでここ数年は同じパターンで出題されています。

 

 

教科書や参考書は数字がたくさんでてきて流し見する程度では理解ができないので公式を作って簡単に解けるように解説をしていきます。

 

まずは計算できるように下準備を行います

 

下準備

 

①、まず、4.0000V小数点よりあとの0の数を確認する。

この4.0000Vはヨンテンゼロゼロゼロゼロとゼロが4つ付いています。

なのでゼロの数はです。

※ちなみに20.000Vはニジュッテンゼロゼロゼロなので3となります

 

 

②、0.025+5の内訳を理解する。

 

一、0.025+5の前側の0.025とは0.025%を意味しています。

数字にすると0.025×0.01(1%=0.01)=0.00025となります。

※電卓で0.025%と打ち込んでも同じ数字がでます。

 

 

二、後ろ側の+5は①で数えたゼロの数の一番右のゼロの位置を5に変えます。

①の4.0000 この赤く記したところに5に変えると4.0005となります。

 

これで下準備完了

 

さて、答えを出す計算式や

 

計算式

 

問題の直流電圧表示値が4.0000Vと②の一、で説明した0.025+5の前半の0.025%(0.00025) を掛ける。

 

4.0000 × 0.00025 = 0.001

 

上記の計算で出した 0.001 と ②の二、で説明した4.0005を足す

 

0.001 + 4.0005 = 4.0015

 

これが上記の問題の3.9995V~4.0005Vの4.0005Vの部分になります。

 

よって答えは誤りです。

 

ちなみに範囲の下の部分は 4.0000 - 0.0015 = 3.9985 

となります。

4.00154.00000.0015

 

ちなみに私は下限の範囲は試験時間短縮の為計算をしていませんでした。

4.0000を中心に同じ範囲で±していることだけを確認して同じ範囲であれば計算をする時間が無駄になってしまいますからね。

 

確認の為、別の過去問を解いてみましょう

スポンサーリンク

 

練習問題(平成29年3月)

 

テスタの直流電圧表示値が20.000 Vのとき、直流電圧計の性能表に確度が50 Vレンジで「0.03+2」と記載されていた場合の実際の電圧値は、19.992V ~20.008 Vの範囲になる。

 

20.000 × 0.03 × 0.01(%) = 0.006

 

20.000は小数点より後ろのゼロが3つなので20.002とする

 

これを足す

0.006 + 20.002 =20.008

 

よって問題はとなります。

 

 

まとめ

コツをつかんでしまえばサラっと問題が解けるようになります。

最近の傾向としては正誤の問題に使われる傾向があるので確実に解けないとその問題じたいを落としてしまう可能性がありますので理解をしていただければと思います。

計算のやり方は私が実際に解いていたやり方になりますのでもっと簡単なやり方もあるかと思いますのでもしよろしければコメントなどで教えてください。

 

他の一級整備士の記事も書いていますのでもしよければそちらもどうぞ

 

 

 

おわり