一級整備士の診療所

最近あった故障事例やこれから一級自動車整備士を目指す人の為の記事を中心に書いています。

【スポンサーリンク】

スズキ ラパン リコール解説(バックドアガス封入式バランサ)

 

HE22Sのラパンの車検終了後車検証交付時にてリコールの案内がでてきたので作業してもらいました。内容を解説をしていきたいと思います。

目次

 リコール内容

f:id:tomen1001:20190510175730j:plain

要約するとバックドアのダンパー(リヤゲードダンパーショック)が腐食しダンパーが機能しなくなりバックドアが上がらない、もしくは下がってしまい怪我をする可能性がある。とのことです。

開始時期

平成29年4月14日

対象車種

ラパン

ソリオ

イグニス

詳しい車体番号などはこちらから確認ください

アルト ラパン、ソリオ、イグニスのリコールについて|スズキ

 

リコールの対象となるバックドアダンパー

f:id:tomen1001:20190510175807j:plain

f:id:tomen1001:20190510175747j:plain

言うなればバックドア(リヤゲート)を支えている左右の棒です。これが今回のリコールの対象の部品です。

リコール部品の不適切な部分

f:id:tomen1001:20190510175846j:plain

f:id:tomen1001:20190510175827j:plain

〇で囲ってあるところが上記の外筒のエンドキャップ部です。ここが塗装が不適切で腐食し破損する恐れがあるとのことです。

 

リコールで交換してもらった部品

f:id:tomen1001:20190510175905j:plain

f:id:tomen1001:20190510175942j:plain

対策された部品に交換してもらいました。〇の部分の形状が変わっています。

まとめ

スズキ ラパンのリコール解説でした。

対象車種にお乗りの方は早めにスズキディーラーへ連絡し作業の実施をオススメします。

 

自動車関係の人へ向けたラインスタンプを作りました。もしよければこちらもどうぞ♪

store.line.me