【故障事例】エスティマ ACR30W 2AZエンジン ヘッドカバー 変形 

故障事例

どうもこんにちわ 今回はACR30Wエスティマヘッドカバー変形の故障事例について解説をしていきます。

 

 

 車両

車名:エスティマ

型式:ACR30W

年式:平成17年

エンジン:2AZ

ご用命(症状)

スポンサーリンク

エンジンヘットカバーが変形。(車検整備時にプラグを点検時に発見)

f:id:tomen1001:20191227153728j:plain

点検・診断

箇所は1番。イグニッションコイル、スパークプラグを外すとスパークプラグにエンジンオイルが付着していました。

覗き込んでみるとヘットカバーが変形し、穴があいていました。

ヘットカバーを取り外してみます。

f:id:tomen1001:20191227153716j:plain

f:id:tomen1001:20191227153707j:plain

修理もできませんのでヘッドカバーの部品交換へ。

新品部品と並べてみます。

f:id:tomen1001:20191227153659j:plain

 

情報収集

なぜこうなるかわからなかったのでディーラーへ同じような症状がないか問い合わせを行いました。

問い合わせた結果ディーラーでもいくつか事例があるそうです。

おそらく品番も変更になっているかと思います。

事例の中でイグニッションコイルが外れなくなってしまうことがあるものがありますという情報も教えていただきました。

まとめ

以上がAZ系エンジンのヘットカバー変形の故障事例でした。

今回、症状が確認ができたのはエスティマでしたがアルファードやRAV4などの近い年式の同じエンジンも同様の症状が考えられます。

参考にしていただければ幸いです。

コメント