【リコール解説】ノア、ヴォクシー、エスクァイア、アルファード、ヴェルファイア 燃料ポンプ シートリクライニング

保証延長、リコール

どうも こんにちわ 令和元年9月20日ノア、ヴォクシー、エスクァイア、アルファード、ヴェルファイアの車両で燃料ポンプの内部不良、助手席のシートリクライニング機構の不良でリコールの届け出がありました。

リコールの内容を元トヨタディーラー系整備士が、かみ砕いて簡略化などをしつつ解説ををします。

内容

1.不具合の状況

(1)ハイブリッド車の燃料ポンプにおいて、当該ポンプへかかる電圧が高く、かつモータブラシの組付けが不適切なため、ブラシが傾いて過大なスパークが発生し異常摩耗することがあります。そのため、燃料ポンプが作動不良となりエンストするおそれがあります。
(2)運転者席および助手席のシートリクライニング機構において、リクライニングロック用のスプリングを取付けるスプリングスペーサ成形時の端部形状が不適切なため、リクライニング操作の繰返しにより当該スプリングがスプリングスペーサから外れるものがあります。そのため、シートバックを保持できなくなり、最悪の場合、リクライニングレバーが戻らないことに気づかず走行すると、意図せずシートバックが倒れるおそれがあります。

簡略化して内容の説明をしていきます。

 

まず今回届け出をされたリコールの内容が2つあります。

 

1つ目が、燃料ポンプのリコールです。

燃料ポンプとは燃料タンクから燃料(ガソリン)をエンジンに運ぶ為のポンプです。

このポンプの中のモーターブラシと呼ばれる部品が適切に取り付けられていない可能性があり最悪ガソリンがエンジンに運ばれなくなりエンジンが止まってしまう可能性があります。

という内容です。

ちなみにこのリコールはノア、ヴォクシー、エスクァイア、アルファード、ヴェルファイアの対象車種の中でハイブリット車のみのが対象となりますのでハイブリット車ではない対象車種に乗っている方は燃料ポンプリコールは該当しません。

2つ目が運転席と助手席のシートリクライニング機構のリコールです。

運転席と助手席のシート(イス)をリクライニングする際に、リクライニング位置をロックする部品が不良の為、繰り返し使うと最悪リクライニングが保持できなくなってしまいます。

という内容です。

このリコールはハイブリット車だけではなくガソリン車でも対象になりますので下記の対象車両の欄から確認をしてみてください。

改善内容

スポンサーリンク

改善の内容

(1)全車両、燃料ポンプを対策品に交換します。
(2)全車両、運転者席および助手席の内側シートリクライニング機構部にリクライニングロックスプリング外れ防止のためのブッシュを追加します。なお、既に外れている場合、当該スプリングを新品に交換します。

改善箇所説明図

改善箇所説明図

 

 簡略化して改善内容を説明します。

1つ目の燃料ポンプのリコールに関しては全ての車両、対策された新しい部品に交換をします。

ちなみにこちらが交換した部品です。ディーラーの人に見せてもらいました。

 

2つ目のシートのリコールは現車を点検をし、不良だった場合は部品交換をします。

良好だった場合ブッシュと呼ばれる部品を取り付けて作業完了となります。

ちなみにディーラーの人に話を聞いたところ点検結果が不良で部品交換になるケースは稀だとのことです。

対象車種

 対象車両

型式通称名対象車の含まれる
車台番号
製作期間対象車の
台数
該当の
不具合
備考
DAA-ZWR80Gノア
ヴォクシー
エスクァイア
ZWR80-0001001~
ZWR80-0341183
平成25年12月20日~
平成30年 7月18日
224,454(1)ハイブリット車
DAA-ZWR80Wノア
ヴォクシー
ZWR80-0153294~
ZWR80-0338780
平成27年12月15日~
平成30年 7月 4日
35,201
DAA-AYH30Wアルファード
ヴェルファイア
AYH30-0001001~
AYH30-0064484
平成26年12月 8日~
平成30年 5月 9日
59,782
DAA-ZWR80Gノア
ヴォクシー
エスクァイア
ZWR80-0252911~
ZWR80-0328063
平成29年 4月10日~
平成30年 5月11日
41,838(1) (2)
DAA-ZWR80Wノア
ヴォクシー
ZWR80-0254229~
ZWR80-0328064
平成29年 4月10日~
平成30年 5月10日
29,358
DBA-ZRR80Gノア
ヴォクシー
エスクァイア
ZRR80-0315734~
ZRR80-0427677
平成29年 4月10日~
平成30年 5月 9日
39,739(2)
DBA-ZRR85GZRR85-0075287~
ZRR85-0100744
平成29年 4月10日~
平成30年 5月11日
12,093
DBA-ZRR80Wノア
ヴォクシー
ZRR80-0320132~
ZRR80-0427680
平成29年 4月10日~
平成30年 5月10日
66,615
DBA-ZRR85WZRR85-0075285~
ZRR85-0100745
平成29年 4月10日~
平成30年 5月 9日
13,274
注意:
1. 対象車の含まれる車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれますので、詳細については最寄りのトヨタ販売店にお問い合わせください。
2. 対象車の製作期間はご購入の時期とは異なります。

 該当の不具合の(1)が燃料ポンプのリコール

(2)がシートのリコールとなります。

まとめ

以上がノア、ヴォクシー、エスクァイア、アルファード、ヴェルファイア 燃料ポンプ シートリクライニング解説でした。

対象車種にお乗りの方はリコールのハガキが届いているかと思います。

もし届いている方はなるべく早めの最寄りの販売店ディーラーへ連絡をし作業の予約を取ってください。

リコール開始直後は込み合う可能性が予想されますので直接ディーラーへ行かずにまず連絡をしてみてください。 

 出典:トヨタ リコール等情報 | 2019年 | ノア、ヴォクシー、アルファードなどのリコール

コメント