【一級整備士筆記試験対策】過去問になく今後出題されそうな問題 ハイブリット車

1級整備士試験

どうもこんにちわ 今回は新技術のハイブリット車の章で過去問に出題されていなく、今後問題としして出題されるのではないか・・という部分を私自身が出題者だったらという目線でまとめてみました。

・国家一級自動車整備士試験に挑戦中の人へ向けての記事です

独学で一級整備士試験に合格した私がヤマはりをしてみましたので勉強の合間にでも流し読みしていただければと思います。

一級整備士は二級以下と比べて出題範囲がえらい広いので毎年何かしらの新問題がでてくるので合格率が上がらない傾向にあります。過去問だけやれば受かるって資格でもないので教科書を読みつつ過去問もマスターしないと合格できません。なので過去問とともに過去に出題されていないところも勉強していきましょう。

ヤマはり個所

 

回転センサ

 

ページ数

 

自動車新技術17ページ

 

説明

スポンサーリンク

モータ、ジェネレータを効率よく制御する為に不可欠なロータの磁極位置を検出している。

センサのステータに3つのコイルが内蔵されており出力コイルBとCは電気的に90°位相をずらして配置されている。センサロータが楕円形をしているためロータが回転するとステータとロータ間のギャップが大きく変化しコイルAに交流電流を流すことでコイルB、Cにロータ位置に応じた磁極位置を検出している。

出題傾向予想

説明で太文字にしている個所の数字を変えたり(〇3つのコイル×2つのコイル)交流電流を直流に変えたりしてくると予想します。(あくまで予想です

 

まとめ

以上がハイブリット車の章のヤマはりでした。また過去問にでていない項目でも問題にだしそうな個所がありましたら記事にしていきたいと思います^^

 

コメント