【新型プリウス】診断装置を使わずブレーキフルードを交換する方法

雑学、ネタ

どうもこんにちわ。今回はハイブリット車である新型プリウスのブレーキオイルの交換方法を解説していきたいと思います。

プリウスでブレーキフルードを交換方法が知りたい
なおかつ診断機を使わい交換方法が知りたい

元トヨタ系ディーラーでエンジニアリーダーだった私が診断機を使わないでブレーキフルードを交換する方法を解説します

 

作業方法

 タイヤを4本取り外す

ブレーキ制御禁止モードへ入れる

ブレーキ制御禁止モードの入れ方

スポンサーリンク


ブレーキ制御禁止モードに入れるにあたっての前条件
IG OFF
シフトポジション P
サイドブレーキ ON

 ※サイドブレーキをONをするのが忘れがちなのでサイドブレーキがちゃんと踏まれているか確認しましょう

 

前条件の状況にしたうえで

1、IGをONにする
2、シフトポジションをにしてブレーキを5秒以内に8回以上踏む
3、シフトポジションをにしてブレーキを5秒以内に8回以上踏む
4、シフトポジションをにしてブレーキを5秒以内に8回以上踏む
5、シフトポジションをにする

 

モード移行が成功した場合黄色の!マーク(ブレーキウォーニングランプ)が高速で点滅します。(下記画像参照)

 

 点滅することでブレーキ制御禁止モードとなりブレーキフルードを交換できる状態となります。

マスタシリンダの上に位置するカウルトップベンチレータルーバーのカバーを外す

ブレーキフルードを補充するためのカバーを外します。(ツメとかん合でついています)

ブレーキフルードを交換する

①マスタシリンダーのキャップを開けブレーキフルードをリザーバのMIN-MAXの間まで補充する常にMINを下回らないようにする

②ブレーキペダルを数回踏み込んで、ブレーキペダルを踏み込んだまま、フロントディスクブレーキシリンダASSY のブリーダプラグをゆるめる

③ブレーキフルードが出てこなくなった時点で、ブリーダプラグを締め付け、ブレーキペダルを放す

フロントトルク8.3 N・m (85 kgf・cm)
リヤトルク:11 N・m (112 kgf・cm)

④新しいブレーキフルードが出てくるまで②と③を繰り返す

これを4輪やります。

順番としては右前、左前、右後、左後の順です。 

 

 ブレーキフルード液量調整

漏れ点検を行い、ポンプモータ停止後のブレーキフルード液面がリザーバの補助ラインの位置になるようにブレーキフルード量を調整する

復元する

 

キャップを付け外した部品を復元をする。

タイヤを4本取り付ける

 

以上で完了です。

 

まとめ

ブレーキフルードを診断装置を使わずに交換する方法でした。

もし診断装置がある場合は確実に診断装置を使ってブレーキフルードの取り換え作業を行った方が良いと思います。(簡単だし予期せぬチェックランプ点灯にも対応できます)

この作業は分解作業に該当しますのでに国に認められた工場(認証工場)で作業を行うことをおすすめします。

スポンサーリンク
雑学、ネタ
スポンサーリンク
一級整備士の診療所

コメント