スズキ ラパン リコール解説(バックドアガス封入式バランサ)

保証延長、リコール

HE22Sのラパンの車検終了後車検証交付時にてリコールの案内がでてきたので作業してもらいました。

HE22Sラパンのバックドアダンパのリコールについて整備士歴10年以上の1級整備士が解説をします。

 リコール内容

バックドアのガス封入式バランサにおいて、外筒のエンドキャップ部の塗装が不適切なため、外筒が腐食するものがあります。そのため、そのままの状態で使用を続けると、腐食が進行して封入されたガス圧により外筒が破損し、最悪の場合、バックドアを開く際に周囲の人が負傷するおそれがあります。

要約するとバックドアのダンパー(リヤゲードダンパーショック)が腐食しダンパーが機能しなくなりバックドアが上がらない、もしくは下がってしまい怪我をする可能性がある。とのことです。

開始時期

平成29年4月14日

対象車種

ラパン
ソリオ
イグニス
詳しい車体番号などはこちらから確認ください

 

車名型式通称名リコール対象車の車台番号(シリアル番号)の範囲
及び製作期間
リコール対象車の台数備考
スズキDBA-HE22S「アルト ラパン」HE22S-100077~HE22S-445446
平成20年11月3日~平成27年5月15日
196,875
HE22S-810020~HE22S-891654
平成25年6月6日~平成27年5月18日
56,166
CBA-HE22SHE22S-800058~HE22S-803812
平成20年11月3日~平成22年7月30日
3,725
DBA-MA15S「ソリオ」MA15S-100122~MA15S-960140
平成22年12月22日~平成27年7月31日
159,743
DBA-MA26SMA26S-100028~MA26S-102542
平成27年7月27日~平成28年3月25日
2,504
DAA-MA36SMA36S-100062~MA36S-113200
平成27年7月29日~平成28年3月24日
13,089
MA36S-600035~MA36S-614969
平成27年7月29日~平成28年3月24日
14,926
DAA-MA46SMA46S-100041~MA46S-100055
平成27年12月2日~平成27年12月4日
15
MA46S-600054~MA46S-600068
平成27年12月2日~平成27年12月4日
15
DAA-FF21S「イグニス」FF21S-100119~FF21S-105279
平成28年1月8日~平成28年3月24日
5,137
(計7型式)(計3車種)(製作期間の全体の範囲)
平成20年11月3日~平成28年3月25日
(計452,195台)

出典:アルト ラパン、ソリオ、イグニスのリコールについて|スズキ

リコールの対象となるバックドアダンパー

言うなればバックドア(リヤゲート)を支えている左右の棒です。これが今回のリコールの対象の部品です。

リコール部品の不適切な部分

〇で囲ってあるところが上記の外筒のエンドキャップ部です。ここが塗装が不適切で腐食し破損する恐れがあるとのことです。

リコールで交換してもらった部品

対策された部品に交換してもらいました。〇の部分の形状が変わっています。

まとめ

スズキ ラパンのリコール解説でした。

参考にしていただければ幸いです。

対象車種にお乗りの方は早めにスズキディーラーへ連絡し作業の実施をオススメします。

自動車関係の人へ向けたラインスタンプを作りました。もしよければこちらもどうぞ♪

store.line.me

コメント

タイトルとURLをコピーしました