整備士の接客力向上!!走行距離別にお客様に使える例えの話法をまとめてみた

雑学、ネタ

どうもこんにちわ 今回は走行距離別にお客様に使える例えの話法をまとめていきたいと思います。

きっかけとして、私は以前Twitterにて・・

「総走行距離3000km」って聞くと まだ新しいって感じするけど 「日本の長さは約3000km」って聞くと それだけ走ったらもう新車ではないやろ。 「総走行距離40000km」って聞くと まだまだこれからって感じするけど 「地球の周囲は約40000km」って聞くと それだけ走ったら何かしら交換は必要やろ。

これは2万7千人以上のフォロワーがいて一般社会人 自動車整備親交会という整備士に向けた超有益掲示板(ブログ)を運営している自動車整備士あるある言いたい。さんの投稿です。

私はこの投稿に100%の共感をしました。普段のお客様との接客で自然に使えるし、お客様目線とても納得をしてもらえそうな良い例えだと感じました。

→よし!それならもっと例えのバリエーションを増やしてまとめてみよう!!!

整備士歴10年以上、接客歴15年以上(バイト含む)の一級整備士が走行距離ごとに例えを考えてまとめてみました。

走行距離3000㎞


新車時に総走行距離3000㎞達成時やお店によっては3000㎞ごとにエンジンオイル交換をする際に言えたら良い例えです。

・月の直径(3474㎞)
・日本~モンゴルまでの距離(3014㎞)
・北海道~沖縄移動距離(3289㎞)
・日本の長さ
・月の直径(3474㎞)
あえて地球外のものを出すことで3000㎞の感じ方が変わります。月の外周ではなく月の直径なので違いに注意。
・日本~モンゴルまでの距離(3014㎞)
日本からどこまで行けるシリーズは分かりやすいと思いかと思い調べてみました。他にフィリピン(2995 km)、パラオ(3167 km)も該当します。
・北海道~沖縄移動距離(3289㎞)
北海道~沖縄をグーグルマップ上での移動距離を検索した結果の距離です。個人的にこの例えが一番しっくりるくかな?と思いました。さりげなく会話に盛り込んで使ってみよう。
・日本の長さ
国土で考えると日本の長さは北南、東西共に約3000㎞です。

オイル交換(3000㎞)は北海道から沖縄まで移動するくらい走行したら実施しましょう

走行距離5000㎞

半年点検やエンジンオイル交換周期(5000㎞)などでよく話題にでてくるので例えを確保しよう。
・日本~シンガポールまでの距離(5308 km)
・北海道~熊本間往復での移動距離
・日本~シンガポールまでの距離(5308 km)
日本から国の距離シリーズで5000㎞だとナウル(4905 km)やネパール(5167 km)も該当します。
・北海道~熊本間往復での移動距離
グーグルマップでの移動距離で約2400㎞なので往復で約5000㎞という計算です。グーグルマップで自分の住んでいる地域から距離を調べて説明すると、たった5000㎞から5000㎞もに考え方が変わるかもしれません。

オイル交換(5000㎞)は北海道、熊本間で往復移動するくらい走行したら実施しましょう

走行距離10000㎞

1万㎞もよく説明する時にでてくると思います。どのくらいの距離かをマスターしてお客様との会話で自然に使えるようにしましょう。

1万㎞を覚えておけば何万㎞になっても応用が利くので是非とも覚えておきましょう。

・月の外周(10921㎞)
・マリアナ海溝(10994㎞)
・日本~ヨーロッパまでの距離
・月の外周(10921㎞)
月を一周すると約1万㎞です。客観的に見て月一周という例えはそんなに乗ったの?というよりは『へー』という感想になりそうですが。この『へー』を獲得するのも重要です。うんちく整備士になりましょう笑
・マリアナ海溝(10994㎞)
みなさんご存じ世界一深い海、フイリピン沖のマリアナ海溝も約1万㎞です。これもうんちく的な知識ですが覚えておくといずれ役に立つかも?
・日本~ヨーロッパまでの距離
日本から国シリーズ。日本からヨーロッパが約1万㎞くらいです。オランダ(9311 km)、イギリス(9582 km)、フランス(9735 km)、イタリア(9877 km)スペイン(10786 km)

1万㎞といえば月1周も1万㎞くらいなんですよ(うんちく整備士)

走行距離40000㎞

4万㎞なんてまだまだ。走行距離として多い方じゃない。と思われているお客様の考え方を揺さぶる例えが欲しい。そんな時は・・

・地球の外周(40075㎞)
・地球の外周(40075㎞)
自動車整備士あるある言いたい。の投稿でもありますが、4万㎞というのは地球の外周を回っている相当の距離を乗っているということなのです。これを自然な例え話で使えればかなりお客様に響くと思います。ちなみに8万㎞時は地球2周という表現もできます。

4万㎞と言えば地球を一回りするくらいの距離を走行しているってことですよ?それだけ走れば消耗してくる部品もありますよー

走行距離50000㎞

5万㎞という区切りの良いタイミグで使える例えは・・

・フルマラソン1200回(50550㎞)
・フルマラソン1200回(50550㎞)
正直例えとしては分かりにくいかもと思いますが、お客様との雑談のネタ枠としてもっていても良いかなレベルの例えですね(ネタギレデハナイヨ

5万㎞と言ったら、プロのマラソン選手が2時間以上かけて走り切るフルマラソンをなななんと1200回も走る距離ですよ?

走行距離100000㎞

例えで10万㎞のものがあまりないので、いままででたものを応用して例えていきます。

・月10周(109210㎞)
・地球2周半(100187.5㎞)
・月10周(109210㎞)
月が出ている時、十五夜の時なんかに、この例えを自然に言えたらカッコいいなって思いました(語彙力)
・地球2周半(100187.5㎞)
10万㎞消耗品交換時のタイミングで車をねぎらう意味を込めて例えたり、部品が壊れてしまった時に例えで使いお客様の思考をずらしたいですネ。

故障?10万㎞?まぁこの大きな地球2周半分の距離も走ってくれてるわけだし何かしらの故障は多少はでてきますよね・・?

番外編

・地球から月までの距離(約38万㎞)
・地球から月までの距離(約38万㎞)
長距離運送トラックや走行距離が多い人に向けた例えです。私の職場では使う機会がなさそうですがこの例えが刺さる人がいるかも?という気持ちで紹介しておきます。

え?19万㎞も走行してるんすか?地球から月までの距離が38万㎞だから月まで折り返しですね?今後も大事に乗っていきましょう

まとめ

まとめ
3000㎞-日本の長さ
5000㎞-日本~シンガポールの距離
10000㎞-月1周
40000㎞-地球1周
100000㎞-地球2周半

今回は整備士がお客様へ使える距離別の例えをまとめてみました。実用性もあると思いますし是非とも参考にしていただければ幸いです。また、自分の地域の人にぶっささるに例えを探してみるのも良いかと思います。

私自身接客は好きですしこの記事を考えながらスキルアップができたと思います。ちなみに私の接客スキルの根源は人狼ゲームです笑

距離を調べる際参考にさせてもらったサイト
・グーグルマップ
Wikipedia
日本の東京から世界各国の首都までの距離一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました