クラウン GRS182 エンジン始動できない スマートキャンセル機能の解説

修理説明

どうもこんにちわ 今回はクラウン(GRS182)にてエンジンが始動できないという事例がありましたのでご紹介をします。

・エンジン始動できない
・スマートキーのランプが点灯しない

そんな症状はこの記事を読めば解決できるかもしれません。この症状以外にエンジンが掛からない一例も含めて整備士歴10年以上の1級整備士が解説をします。

車種

クラウン
GRS182
初年度16年
スマートキー有り

症状、現車確認

・エンジン始動できない
・プッシュスタートを押しても反応が全くない(IGONも含む)
・メーター内半ドアのランプは点灯、室内灯も点灯する
・スマートキーのボタンでドアの開閉はできる

原因、解決方法


原因としてはスマートキャンセル機能ONになっていました。

スマートキャンセル機能とは・・
運転席インストルメントパネルパネル下部のスマートキャンセルスイッチを押すことで全てのスマート制御をキャンセルすることができる機能です。

このボタンを誤って押してしまったことでスマートキー機能がキャンセルされてしまいエンジン始動ができなくなってしまいました。

運転席の足元にあるので何らかのタイミングで押してしまうことが考えられます。

私自身、隣にある空気圧のリセットボタンを押した時に誤ってスマートキャンセルスイッチを押してしまいエンジンがかからなくなってしまい焦った経験があります^^;

余談ですが空気圧リセットスイッチ?なんじゃそりゃ?という人はこちらの記事をどうぞ

エンジン始動しない症状、一例紹介

今回の事例はスマートキャンセルスイッチでしたが、エンジンがかからないという症状を整備士目線で原因をいくつか紹介します。今回はこのクラウンを例にあげてみます(ガソリン車、スマートキー)

エンジン始動時クランキング(キュルキュル音)がしない

バッテリー上がり(キュルキュル音が弱弱しい場合、カチカチ音になる場合あり)
キー電池切れ(開閉ボタンが機能しているのか?確認)
シフトポジション(P,N以外の位置になってしまっていないか?)
ブレーキがうまく踏めていない(強くブレーキを踏んでみよう)
スターター(カチッという音のみだったりするとありえる)

クランキングがしないパターンは電源系、仕様始動装置など幅広く考えられます。症状を絞り込むためにメーターのランプは付いているのか?プッシュスタートのボタンの色は変化しているのか?など状況をよく見極める必要があります。

クランキングはするが、かからない

燃料系(ポンプやガス欠など)
スパークプラグかぶり(濃い燃料がプラグに付着してしまいかからないパターン)

クランキングはするけど始動しないは簡易的に考えられるのは燃料系プラグかぶりですが、ガソリンエンジンの3要素(火花、圧縮、混合気)を念頭に点検を行う必要があります。

まとめ

今回はクラウン(GRS182)にてエンジン始動できないという事例についてまとめてみました。このスマートキャンセル機能が付いている車種は少ないです。だからこそ知らずに乗っているユーザー、整備士はハマってしまう可能性があるのでは?という目線からこの記事を書きました(恥ずかしながら私もガッツリハマりましたので
参考にしていただければ幸いです。

エンジンが始動しない一例中には修理費が高額になるものもあります。仮に修理をしないで車を買い替えるかも?と考えている人はまず乗っている車を査定していましょう。
無料で査定がしたいのならば査定比較.comで必要事項を入力するだけでスムーズに査定金額が知ることができます。まずは自分の車がいくらくらいするのかを調べてみましょう。

一括買取査定の流れはこちらの記事で解説しています
1級整備士が自動車一括買取査定サイトを実際に試してみた

コメント